2010年11月09日

(火)あなたのすぐ側にいる毒…

見えないキノコです。

☆黴(かび)
黴とは、菌類の一部の姿を指す言葉。肉眼的に見える微生物の集落(コロニー)の俗称。

正しくは「真菌」動物にも植物にも属さない独立した生物。酵母、糸状菌、キノコがその仲間。種類は一説には数万種と言われ、そのうち2000~3000種が猛毒を持っている。


☆カビの種類
○酵母菌
酵母菌とは単細胞真菌の総称。発酵食品に使われる。また、風呂などに発生する黒いカビも酵母菌。

○糸状菌
多数の細胞が集まった糸状真菌。通常カビと呼ばれるもの。水虫菌(白癬菌)もこのカビ。

○キノコ
詳しくは昨日のブログを読んでください。


☆細菌とカビの違い
カビは細胞内のDNAを包み込む核を持つ、真核微生物。

最近は核をもたない原種微生物。全く別物。


☆カビの役割
動物や植物の不要になったすべての有機物を分解する。

人間が直接利用しているのは、抗生物質。また、みそ、しょうゆ、酒などの発酵食品はカビの力によるもの。ブルーチーズの青カビ、カマンベールチーズの白カビなど。


☆カビによる病気
○夏型過敏性肺炎
空気中のカビの胞子を繰り返した量に吸い込むことで、肺が炎症を起こし、咳やだるさ、息切れが続く。放っておくと肺が線維化する恐い病気。原因はトリコスポロンと言うカビ。夏風と間違われやすく、見過ごされやすい。

○白癬菌
水虫菌とも言う。タムシ、シラクモ、インキンもこのカビによって引き起こされる。白癬菌は角質層に入り込み、角質層を食べるが、その内側の生きた細胞に取り付くことはない。ただ、白癬菌が出す酵素や老廃物が生きた細胞を刺激し、免疫機能にダメージを与えることで炎症が起きる。

○カンジタ
カンジタは人間の消化器系に棲む唯一のカビ。酵母の仲間。通常は人間にとっていい働きをしているが、皮ふに感染すると水虫のような症状が出る。また、重い病気で体が弱っている人などに感染する「日和見感染」をする。

重病人の内蔵等で増殖するカンジタは抗生物質が効かない。カンジタは細菌とは違い、人間などと同じ真核生物なので、漢字他に効果のある薬は人間にも悪影響を及ぼす。


☆抗生物質(antibiotic)
カビや細菌などの微生物によって作られる物質。他の微生物や生物細胞の機能を阻害する。1928年、フレミングが青カビからペニシリン(penicillin)を発見。以後、数多くの抗生物質が発見され、ストレプトマイシン、カナマイシン、クロロマイセチン、バンコマイシン等の抗生物質は夢の薬として多くの人の命を救ってきた。

だが、その乱用(人間だけでなく家畜の飼料等)により、多くの薬剤耐性菌も発見されている。


☆黴雨
中国語では「つゆ」を「梅雨」「黴雨」の2つの字であらわす。梅とカビの発音はどちらも「メイ」黴の訓は「かび」

○梅雨の語源
1.露に通じる
2.食べ物が腐る意味の潰(つい)ゆ
3.梅が熟す意味の熟(つ)ゆ
など、諸説ある。


☆動物の毛ブラシ
カビ取り剤と動物の毛ブラシで使用してはいけない。家に含まれるたんぱく質が、カビ取り剤の成分に反応し、塩素ガスを発生する危険性がある。


☆ナポレオンの死因
ナポレオンの死因については諸説ある。よく知られているのはヒ素によるもの。

1.壁紙に使われていたヒ素を吸い込んだ。
2.暗殺説。
3.胃がんの合併症。ヒ素は外部から付着した。

○壁紙説の根拠
昔からヒ素は絵の具の顔料として使用され、ヨーロッパではヒ素入り絵の具が絵画の色調を出していた。一方、スポプラリオプシスと言うカビは蒸発しにくい無機のヒ素化合物を、蒸発しやすい有機のヒ素化合物に変える性質を持っている。このカビによって蒸発した有機ヒ素を吸い込んだためとされている。

ちなみに顔料とは、着色用の粉末で水や油に溶けないもの。水や油に溶けるものは染料。顔料と言う名前の由来は、昔は色が付けばいいと言うだけで、鉛や水銀の入った顔料を顔に塗っていた。当然、皮ふはボロボロになり、鉛や水銀は体の中にも浸透する。武家の子供が育ちにくかった理由に、母乳に鉛毒が含まれていたことが原因の1つとされている。

さて、真実は…。


カビは至るところ、ものに発生する。シンナー、防腐剤、灯油、理由さん、ジェットエンジン、ゴム、プラスチック、金属など。水深千メートルの深海に棲むカビもいると言う。

カビはすぐにまん延します。常に清潔と乾燥を心がけるしかないようです。




















タグ: カビ
posted by 松本萌花 at 07:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「カビ」が初めて話題になるのは、

学校の机に給食のパンを入れておいたら、という状況ですよね。
Posted by なおと at 2010年11月10日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168481945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。