2009年05月29日

(金)不可能記念日とスズメ

明日、5月30日は、ゴミゼロの日。

各都道府県の環境美化推進協議会が実施。美化活動と共に、ゴミの減量化と再資源化を促す啓発活動を実施するための語呂合わせ記念日。始まりは、愛知県豊橋市が1975年に、5月30日を、ゴミゼロの日と決めたのが全国へ広まった。

語呂合わせとしてはよくあるパターンだけど、絶対不可能な記念日。ゴミを出さないことは無理にしても、空き缶やペットボトルやタバコのポイ捨ても街中ではあまり見られなくなったものの、ちょっと道がそれると平気で捨ててある。それでも以前よりはマシな気がするので、それだけでも効果があったと言うことだろう。

ゴミはその自治体によって、分別方法が違う。私の住んでいるところはそれほど細かくはないので助かっている。燃えるゴミ(週2回)燃えないゴミ(週1回)資源ゴミ、ペットボトルやビン類と紙の収集が隔週で交互。後は、粗大ゴミと危険ゴミが月に1回。

私は燃えるゴミは週に1度、それも一番小さい袋で間に合っている。トレーや容器に入っているようなものはほとんど買わないので、ゴミもそんなには溜まらない。また、缶やペットボトル飲料も買わないことにしている。でも、私のような人間ばかりだったら、物が売れなくて景気は良くならないけど、私などは至って少数派なので、その心配はないと言うものだ。

これから夏になると、収集日にものすごい量の缶やペットボトルを出す人がいる。家で飲むなら瓶ビールでいいと思うけど、エレベーターの無い5階建てでは、近頃は酒屋も配達を渋るのかもしれないし、また、ディスカウントショップなどて、安売りのときを狙って買い込むのだろう。こうして出るゴミは資源ゴミと呼ばれ、リサイクル可能なごみとなっているけど、これは企業ゴミ。企業は安い飲料を数多く売りたいばかりに、高い容器に入れて便利さだけをアピールする。すべての缶飲料は容器の値段であって、中身は3〜5円程度。ペットボトルにしても、容器代がかなりの比重を占めている。

つまり、容器だけでは売れないので、そこに中身をあれこれつめて、結局は容器を買わせている。そして、その容器はゴミとなる。そのゴミを自治体は税金を使って回収する。つまり、自治体が企業を助けている。缶などは比較的リサイクルしやすいものだけど、ペットボトルは中国へ輸出しているし、近頃燃えるゴミだけでは燃えにくいので、ついでにペットボトルを入れて燃やしているところもある。これでは分別収集の意味がない。それでも、資源ゴミとして無料で持って行ってくれるから、私たちとしては助かるけど、紙は再生紙にする方がよりコストがかかる……。

私は今は新聞を取ってないので、裏が印刷されてない広告が手に入らない。そこで、知り合いの人に裏が使えるような紙があればとお願いしていたら、かなりの紙をくれたのでずい分助かっている。プリンターを持ってないので、すべては書き写さなければならない。そのための用紙を100円ショップで買っていたのではこれもバカにならない。

また、食べられるものを捨てるのが嫌いな私は茶がらも有効利用をと、飲んだ後の茶がらを干していた。干した茶がらは消臭剤にもフローリングのつや出しにも使えるので、ベランダに目の細かいカゴの中で干しているとスズメの声が近くなった。ベランダ側の家には庭に木が植えられているので、スズメやその他のきれいな鳥も飛んでくる。でも、植木鉢一つ無い私の家のベランダに、鳥たちが興味など持つことはなかった。それにしても鳴き声が近いので、そっと覗いてみれば、すぐに飛び去ってしまうけど、どうやら茶がらを食べに来ていたようだ。

スズメが茶がらを食べる!?私には発見だった。それならと皿に茶がらを入れ、ベランダの手すりの端のしっかりした部分に置いてみた。すると、スズメがやってきて茶がらを食べていく。でも、これは以前にもやって見た。その時は100円ショップで買った鳥のエサだった。2階なので、猫の心配もないのでスズメがやってくるだろうと思ってのことだけど、その時はさっぱりだった。でも、茶がらには食いついた。市販の鳥のエサの原料が何であるか知らないけど、やはり、自然の物の方がいいみたい。また、キャベツの真ん中の芯の固いところを、スズメの口のサイズに合わせて刻んだのも皿に載せた。

それでも、自然界ではエサがいつも同じ場所にあるとは限らないので、余りたくさん置かないようにしている。とは言っても、スズメは用心深いので、レースのカーテン越しにしか、茶がらを食べている姿は見られない。ちょっとのことでスズメは飛び去っていく。ある時、飛び去ったと思えば、ちょっと大きい鳥がやってきた。鳥のことに詳しくないので名前などは知らないけど、この大きな鳥も茶がらを食べるのかと思っていたら、しばらくその場にいたけど、食べずに飛び去った。きっと、スズメが何か食べているので「スズメのヤツ、何を食べているのか」と気になり行ってみれば、茶がらだった「何だ、茶がらか。俺はそんなもの食わないよ」

私は自分のことをエコ人間だとは思ってない。私のやっていることは自分の生活の切実さからと、後は身勝手な判断でしかない。スズメのエサやりもそれほどいいことだとは思ってない。でも、今のところ、人に迷惑をかける程にはなってないので、まっ、いいか、みたいな。

でも、昔話「舌切り雀」のおばあさんは、よくもあんなに小さい口の中の舌を切れたものだ……。それにしても、スズメをすっかり安心させた上での「凶行」だから、タチが悪い。


明日は何の日・5月30日
かわいいゴミゼロの日・環境美化の日
かわいいおそうじの日
かわいい消費者の日
かわいい文化財保護法公布記念日
かわいいみその日
posted by 松本萌花 at 04:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
スズメ・茶がらで検索をかけてたどり着きました。
毎朝飲んだ後の茶がらで手をマッサージした後、何気なく窓の下の植物に撒いているのですが、
翌朝消えているのが不思議で…
この日記を読んで納得した次第です♪
Posted by こきみ at 2014年10月01日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120316634

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。